2014年2月19日水曜日

World Community Grid(WCG)に参加してXRPを貰う



今回は、World Community Grid(WCG)に参加することで、分散コンピューティングで科学的研究の計算に協力して、ついでにXRPを貰ってしまおうという話です。

HIV、癌に関する研究や、新素材探索など、様々なプロジェクトが走っているようです。

最近はマイニングで言うDifficultyが上がった的な状態らしく、あまり報酬は期待出来ないような情報もありますが、まぁ社会貢献ということで、とりあえずやってみます。


トップページの「Join Today!」から登録画面を開きます。
「メンバー名」、「パスワード」、「Eメールアドレス」をそれぞれ入力します。

プロジェクトの選択画面に移るので、とりあえずすべてチェックを入れておきます。

ソフトウェアのダウンロード画面が表示されるので、環境にあったソフトをダウンロードします。

適当にインストールしてPCを再起動すると以下がポップアップするので、WCGに登録したIDとパスワードを入力します。

あとは勝手に動き出します。

あとはお好みですが、「Preferences」から以下のようにCPU使用率を100%に設定します。

次に、Ripple Walletに紐付けします。
Ripple Labsを開いて、「REGISTER」から以下ページを開いて、自分のRippleアドレス、WCGのユーザ名とVerification Codeをそれぞれ入力します。

ちなみに「Verification Code」は、WCGの「Settings」の「マイ・プロファイル」を開くと一番下にある「外部許可コード」のことです。

これで、WCGの成果がRipple Walletに入るようになります。

成果を確認するには、ここにWCGのユーザ名を入れて送信します。

恐らく、statusがsubmittedからsuccessに変わると入金されるっぽいです。

しかし、自分の環境(Core2 Quad Q9550)では1日10,000pointぐらいで、1pointあたり0.0026XRPぐらいなので、1日30XRPも貰えないようですね。

1日約0.0006BTCということなので、XRPが欲しいのであれば、適当なマイナーコインをGPUで掘って、BTCに変えてからXRP買ったほうが早いです。

ちなみに、普通にscrypt系コインをCPUで掘った場合、このCPUで30khash/sぐらい、1日あたり0.0004BTC程度なので、まぁそれよりはマシな気がします。

が、GPUとは勝負になりませんね。


ということで、社会貢献以外の意義はあまり感じませんでしたが、とりあえずじわじわXRPを手に入れることは可能ということが分かりました。


1 コメント:

コメントを投稿