2014年11月29日土曜日

AndroidアプリのIn-app Billing version2からversion3への更新 ③テスト


In-app Billing version3の最終回です。
今回は作ったものがまともに動くかテストする方法を確認します。

テストには二通りの方法があり、ある程度の動きはサンドボックステストで確認し、最終的に実購入テストという流れかと思います。


  • サンドボックステスト
サンドボックステストのために、以下4つの予約済みアイテムIDが用意されています。

購入成功(android.test.purchased)
キャンセル、クレジットカード無効など(android.test.canceled)
払い戻し(android.test.refunded)
存在しないアイテム(android.test.item_unavailable)

android.test.canceledandroid.test.refundedの場合は、RESPONSE_CODEBILLING_RESPONSE_RESULT_USER_CANCELEDあたりが返ってくるのかと思ったのですが、BILLING_RESPONSE_RESULT_OKが返ってきます。

ただし、INAPP_PURCHASE_DATAINAPP_DATA_SIGNATUREはnullです。

android.test.item_unavailableの場合は、onActivityResultに渡されてくるresultCodeRESULT_CANCELEDが返ってきます。

こっちのActivityのRESULT_CANCELEDは0で、RESULT_OKが-1です。In-app Billingで返ってくるレスポンスコードはBILLING_RESPONSE_RESULT_OKが0なのでややこしいです。


ちなみにandroid.test.purchasedで一度購入成功すると、二度と購入出来なくなるのですが、「設定→アプリ→Google Play→データを削除」でデータを削除すると、再度購入出来るようになります。

  • 実購入テスト
サンドボックステストに飽きたら実購入テストに入ります。
実購入テストでは、Google Playと実際に通信して購入処理をテストします。


アルファ版配布用に、google グループで適当にグループを作成し、テスト用のgmailアドレスを招待しておきます。

テスト購入で課金が発生したりしないように、Developer Consoleにログインし、テストアカウントを設定します。
「設定→アカウントの詳細→ライセンス テスト→テスト用のアクセス権がある Gmail アカウント」にテスト用のgmailアドレスを入力します。

テストしたいapkをリリース用のKeyStoreで署名して、アルファ版テストにアップロードします。

「テスターのリストを管理→アプリのアルファ テスト版を提供するユーザー」という画面で先ほど作成したグループを登録すると、オプトインのためのアドレスが表示されます。

テスターが「テスターになる」をタップすると設定は完了で、あとは実際にGoogle Playから実機にインストールして試すだけです。

ただ、アルファ版が有効になるまで結構時間がかかる(半日とか1日とか)ようなので、作ってはアップロード作ってはアップロードという試し方は出来なそうな雰囲気です。

とは言え、やはり課金関連で失敗するとひどいことになるので、十分なテストの上で公開したいところです。

時間を置くと、実際にGoogle Playからダウンロード出来るようになります。

ダウンロードしたアルファ版のアプリで購入ボタンを押すと、しっかりとテスト注文である旨が表示されます。
(アプリ名やカード番号は消しました)

アルファテストで購入完了すると、Googleウォレット販売者コンソールでは以下のように「追加済み」と表示されます。

ということで、苦手意識のあったIn-app Billingですが、version3になって本当にすっきり分かりやすくなりました。

食わず嫌いだった人はこれを機に、是非再チャレンジしてみると良いと思います。


0 コメント:

コメントを投稿